本文へ移動

社会人へ 在学生からメッセージ

2年生 Tさん

学生自治会 会長を務めています(^^)/

≪撮影場所≫ 校舎前
私は社会経験を経て、24歳で入学しました。看護師になりたいと思ったのは幼い頃からだったが、小学校高学年まで他国に住んでいた為、日本語や文化を学ぶ為に様々な仕事を経験しました。
看護学校は、知識だけでなく技術をする時間も確保しなければならないので、家族のサポートが必要になります。入学したばかりの頃は、家事との両立がとても大変でした。しかし、学んだ知識や技術はシュミレーション学習や実習で活かせることができます。その場で活かせたものを振り返り、また次につなげる。この学びのスタイルは本当に知識が身についていると感じることができ、とてもやりがいを感じることができます。また、宮本看護専門学校では、先生と学生の距離が近いため、困った時はいつでも支えてもらえ、安心して学ぶことができます。私は自治会長として、学生の意見をまとめ、より良い学校生活ができるように取り組んでいます(^^)/
「看護師になりたい」という気持ちと「学びたい」という気持ちを強く持つことが、続ける為にとても大切だと考えています。

【受験生へ】
「看護学生は辛い!」…とたくさん耳にすると思います。しかし辛いだけではなく、楽しいこともたくさんあります!勉強も大切ですが、時には息抜きすることも大切です(^^♪ 自分が元気でなければ、他人も元気にすることができない。その為、今から様々な両立をしていくことが、看護学生になった時に役に立つと思います。宮本看護専門学校でぜひ一緒に頑張っていきましょう(^^)/

1年生 Sさん

食品自販機もあり、忙しい私は助かっています (^^)/

≪撮影場所≫ 1F 玄関ホール
私は社会人で今年入学し、13年ぶりの学生生活を毎日慌ただしく送っています。久しぶりの勉強は、想像をはるかに超え、覚える知識も身につける技術もたくさんあり、とてもハードです。ですが、とても優しく親身に教えて下さる先輩方、一緒に悩み共に切磋琢磨できるクラスメイトがいるおかげで、日々とても楽しくワクワクな毎日を送れています。
私生活では4人の子供達を育てながらの学生生活ではありますが、家族の協力を得ながら、なんとか乗り越えています。家事や通学中のすき間時間に暗記カードを活用したり、バイタルサインや体位変換などの技術練習は、家族の身体を借りて練習したりと、生活の一部に勉強を取り入れることで家族との話題が増え、とても楽しく学習ができています。

【受験生へ】
宮本看護専門学校はただ看護の勉強をするのではなく、実際に看護師になった時に使える知識や技術・応用力をしっかり教えて下さる先生方がたくさんいます。また、勉強面でも私生活面でも不安や悩みを相談しやすい環境です。「看護師になりたい!」と夢を同じくした同士が互いに高め合っていける学習環境がここ宮本看護専門学校には揃っています!!

1年生 Tさん

花を見ながら、ベンチでリラックスできます♪

≪撮影場所≫ 庭 「宮看ガーデン」
私は5年間、社会人を経験してから入学しました。入学が決まった時、2つの不安がありました。1つ目は、6歳下の人達と話が合うかや仲良くしてもらえるか…です。とても不安でしたが、授業でグループワークをやる機会が多く、すぐに仲良くなることができました(^^♪ 2つ目は、高校を卒業してから5年…勉強してこなかったので、授業についていけるか不安でした。クラス全員が1から看護について学んでいくので、その不安もすぐなくなりました。毎日、若い子達から元気をもらっていて楽しい学校生活が送れています。

【受験生へ】
入学して3ケ月経ちますが、正直勉強は大変です。ですが大変なのは私だけでなく、みんな同じ気持ちなので心強いですし、看護師になるためには苦ではありません!また、先生方は学生目線で教えてくれるので、とてもわかりやすいです。先生と学生の距離も近いので、質問もしやすいです。今年から教科書がタブレットになったので、荷物が少ないのでそこも魅力の1つです。
「勉強についていけるかな?」「友達できるかな?」と思っている社会人の方!安心して下さい! 社会人も多いので、充実した学校生活が送れますよ~(^^)/

看護学生の1日 (一例)

病院・看護学校関係の方はこちらからどうぞ
 Eメール
 miyamotokango@dream.com
TOPへ戻る